RICHEBONDについて


「心の豊さ」や「恵まれている」と言う意味を持つ「riche」

「繋ぐ」の意味を持つ「bond」

世界の子どもたちに豊かな心を育みたい。

その思いから「RICHEBOND」立ち上げました。

世界中の子どもたちの生きる権利を守る

 

「RICHEBOND」「公益財団法人国際水泳殿堂・アジア 」「自由民主党 東京都医療産業支部」グループが一丸となり、「生命 (life)」「健康 (health)」「教育 (education)」を通して、世界中の子どもたちの生きる権利を守ること。能力や可能性を十分に育むことのできる社会になるよう、政府や地域社会との連携を医療を通して貢献し活動しています。

子どもの貧困は世界のみならず、日本でも大きな社会問題です。

厚生労働省からの発表において令和4年の調査では、「日本の子どもの5人に1人(15.5%)が貧困である」ことが明らかになり、「小学校に通っている5人に1人が一日に学校の給食の一食しか食べることができない」と言われている社会になっているのが現実です。

子どもたちは地球の財産です。そして希望です。世界中の子どもたちが安心して食事ができ、成長し、教育を受けることができるよう、永続した活動を行っています。

また、保護者の養護を受けられない乳幼児を養育すること乳幼児の基本的な養育機能には、被虐待児・病児・障害児などに対応できる専門的養育機能をもつ機関の設立も進めています。

保護者のいない子どもたちや、保護者に監護されることが適当でない子どもたちに対し、安定した生活環境を整えるとともに、生活指導、学習指導、家庭環境の調整等を行いつつ養育を行い、子どもたちの心身の健やかな成長とその自立を支援いたします。

また、生活に困窮する一人親家庭(シングルマザー(母子家庭(120万世帯))・シングルファザー)住む場所を提供し、母子が一緒に生活しつつ、共に支援を受けることができるように支援しています。